JDA IS FOREVER...

WE DO BLOG BETTER.

フレームアーカイブ JUNE "11

50年代、ボシュロム製ソリッドブラックのウェリントン 

それが、ジョニーデップが着用するブラックフレーム
タートアーネル べっ甲 ジョニーデップ ボシュロム ブラックフレーム アーカイブ

パブリックに登場したのは、パイレーツ4ワールドプレミアから。

そのフレームの正体を暴くのに時間を要さなかったのは
ボシュロムが持つ特徴的なヒンジとホーンリムにある。

当時は、そこまでの人気を得られず
生産された数が少なく、現在残っている本数も
わずかだと指摘するヴィンテージコレクターや、
ヴィンテージフレームのディーラーは口を揃えた。
確かに頻繁に目にする事のないフレームとしても
このボシュロムのウェリントンは、リスト入りする。


今回のアーカイブでは、そのボシュロムの
ジョニーサイズをJDA流に追求してみました。

ワールドプレミアで実際にジョニーのボシュロムを見たときの
率直な感想はフレームがアーネルよりも少し大きめという点。
これには、フレームとほぼ垂直に延びる
ホーンリムがそうみせているのだろうと思った。
ジョニーデップ ボシュロム ブラックフレーム アーカイブ

JDAで検証したジョニーのボシュロムサイズはズバリ【46/24】
それには、ちゃんとした理由がある。


タートアーネル/べっ甲モデル(44/24)と比較してみた場合、
ボシュロム(46/24)は、アーネル(44/24)とほぼ同じサイズを持つ。
タートアーネル べっ甲 ジョニーデップ ボシュロム ブラックフレーム アーカイブ

アーネルべっ甲(44/24)を着用するジョニー:
ジョニーデップ ボシュロム ブラックフレーム アーカイブ

ボシュロム:
ジョニーデップ ボシュロム ブラックフレーム アーカイブ
ボシュロムのフレームは、若干大きめに見えた割に
フレーム幅は、アーネル時とほぼ同じに感じる


ボシュロム46/24のフレーム幅を計測すると13.7cm、
アーネル44/24(13.6cm)との差はわずか1ミリにとどまる。
テンプルも5 3/4となり、アーネルと同一サイズになる。
フレームの高さは、アーネルの4.2cmに対し、ボシュロムは4.4cm ちなみにレンズ枠の高さは1ミリの違い。

フレームの高さは、アーネルの4.2cmに対し、ボシュロムは4.4cm
ちなみにレンズ枠内の高さは1ミリの違い
フレームの高さは、アーネルの4.2cmに対し、ボシュロムは4.4cm ちなみにレンズ枠の高さは1ミリの違い。

ボシュロム:
タートアーネル べっ甲 ジョニーデップ ボシュロム ブラックフレーム アーカイブ

タート/アーネル:
上のボシュロムと比較てもフレームの高さが小さく見える
タートアーネル べっ甲 ジョニーデップ ボシュロム ブラックフレーム アーカイブ

2年ほど前、「ボシュロムのホーンリムは、
メガネとして使用するなら完璧なフレーム」
そう言ったヴィンテージフレームの
コーディネーターを思い出しました。


今後、6/10以降にこのボシュロムについて
新たな展開があれば追ってブログします












スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jda2007.blog119.fc2.com/tb.php/719-9c386b3d

| HOME |

« | 2017/11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2Ad